Design and Works


広の家第15回(平成22年)呉市美しい街づくり大賞 奨励賞受賞


#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#


新しい息吹と昔の面影が混在する呉市広町の中心部に完成した住宅です。
恵まれた敷地条件の中で、静かにその存在を主張する佇まいが嫌味のないフォルムで環境に溶け込みます。
真南に開けた敷地に東西方向が22mの間口を有する鉄骨造+木造2階建て構造で、それぞれの利点を生かした構造としています。
外張り断熱通気工法、外壁のノンクラック下地工法、全館換気システム、深夜電力を利用したエコキュート給湯に蓄熱式床暖房の採用、夏冬の直射日光を調整する奥行きのあるデザインされた庇、 床下に敷き込んだ”炭”、循環殺菌装置を附置した水盤、その他、快適性、エコ省エネ性、それに将来のメンテナンス性を十二分に意識し、デザインされた住宅です。
シンボルツリーは高さが約6mある”くすの木”です。又テラス中央に植栽された”しだれ梅”に降り積もる雪の華が今から楽しみです。
この住宅は構想段階からかなりの頻度で打ち合せを重ね完成まで約2年の歳月を要し、丁寧に作り上げてきました。私が高校卒業まで過ごした故郷でもあり、私共の事務所開設25年目の節目にも当たり、とても意義深い住宅だと考えております。
完成写真をご覧下さい。

名称:広の家
場所:広島県呉市広町
構造・規模:鉄骨造+木造地上2階建、一部平屋建て
床面積:295.9m²(89.5坪)
住宅部分:245.9m²(74.3坪)
車庫部分:49.7m²(15.2坪)
設計期間:平成22年7月~平成22年12月
竣工:2010年 4月
施工:(株)神垣組
撮影:野村 和慎(イルカ スタジオ)

個人住宅トップへ戻る>>