Design and Works


熊野の家ひろしま住まいづくりコンクール2011特別賞受賞


#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#


筆の里で有名な広島市郊外 安芸郡 熊野町に今春完成しました。
周囲に田畑の広がるのどかな風景の中に、ひっそりと佇む住宅です。

ゆったり南に開かれた贅沢な敷地に東西22mの間口を有する平屋建ての住宅が、背景の山々の稜線に溶け込みます。
29才と28才の若い夫婦、小学校へ入学したばかりの女の子の3人家族からの要望は”明るく風が通り抜けるシンプルな家を・・・、楽しく人が気軽に集える家に・・・”でした。

空間をくり抜いた様なトンネル状の アプローチ、その緩やかに上がるスロープを進むと黒く塗装されたオリジナルの玄関ドアーが現れます。
アイアンの取手を開けるとそこには爽やかな空間が広がります。

越屋根により広がるリビングルームの吹抜け、上部にロフトを備えたダイナミックな空間に明るい光と清々しい風を感じます。
立ち上がりを極力抑えたバスタブから目線で眺めるバスコート。時には夫婦裸で生ビールで乾杯!なんていいかも。

南からの直射日光の調整を兼ねた軒の出をデザインに取り込んだファサード。
ただただシンプルに、クライアントの飾らない、素朴なイメージそのまま具現化したローコストでありながらハイクオリティーな住宅です。

今年の秋には新しい家族が誕生されるそうです。
仲むつまじい4人家族のシンプルライフの始まりです!!

名称:熊野の家

場所:広島県安芸郡熊野町
構造・規模:木造平屋建
床面積:108.48m2(32.81坪)
設計期間:平成22年4月~平成22年11月
施工期間:平成22年12月~平成23年5月
竣工:2011年5月(平成23年5月7日)
施工:西部建設(株)
撮影:野村和慎(イルカ スタジオ)

個人住宅トップへ戻る>>